読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボードゲーム有志者の会

大阪-京都あたりでボードゲームオフ会を開いています。ゲーム、アートとかいろいろ。

暑い夏に涼しげなボドゲで!

こんにちは!暑かったりちょっとましだったり雨降ったり困った日々ですね!

こんな季節はひやっと怪談話・・

もいいですが、なんとなく冷たいっぽいイメージのボドゲなんていかがっすか!?
対戦で熱くなる可能性ありますけど・・

というわけで今回のボードゲーム

f:id:bdg-yusi:20160717011335j:image
それはオレの魚だ!です!!

年齢:8歳以上
人数:2~4人
時間:20分程度

次々に崩れていく浮氷の大地を駆け回り、生き残るため誰よりも多くの魚を手にいれろ!


・・おい、それは、俺の魚だ!



いや、それ、言われても・・どれっすか?て感じな珍しいセリフ調の名前ですが、どれどれ箱と中身が

f:id:bdg-yusi:20160716002658j:imageはい、よいしょ

 六角形(浮氷)タイル60枚(1点30枚、2点20枚、3点10枚)
ペンギンコマが4色4つずつ、計16個
となっております。

f:id:bdg-yusi:20160716183110j:image点数


まずこのボドゲのいいところの1つに
コマがいいっす。
ちっちゃいのに良くできてます。

f:id:bdg-yusi:20160716002713j:image

これがすご~く好感もてます。
全コマをフル塗装してやりたいです。(今のところその根気はない)

僕は昔から小さくて良くできてるものって大好きなんです。だからこういう作りのものみるとテンションちょっとあがります。
この大きさくらいの動物の森の住民と家具のフィギュアと集めたもんです・・

とどーでもいい話は置いといて、
このゲームはタイルに描かれた魚ポイントをコマを動かして取っていく、最終的に合計点の高い人の勝ちというゲームです。

まず準備ですが浮氷タイル(青魚1点、紫魚2点、黄魚3点)を横に8つ置く、次は7つ、次はまた8つ・・とランダムに並べていきます


f:id:bdg-yusi:20160716181746j:imageこれが案外めんどくさい!!!笑

これが終われば各選んだ色のコマを1点の浮氷タイルのどこか好きなところに順番に置いていきます。

f:id:bdg-yusi:20160716182026j:imageこんな感じで準備完了!
この場合は3人プレイです。
人数によって1人の使えるコマの数が変わります。

ゲームの流れとしては出番プレイヤーは
①ペンギンコマを動かす。
②動かしたコマのいた浮氷タイルを受け取る。
を行います。

ペンギンのコマはどれか1つ、一直線になら、どこまでも進むことができます。


f:id:bdg-yusi:20160716193430j:image
他のコマや空いたマスを飛び越えたりはできません。

f:id:bdg-yusi:20160717003225j:image
コマを進めたら、そのコマがもともといた浮氷タイルをプレイヤーは受けとります。これがポイントとなります。


f:id:bdg-yusi:20160716215517j:image

タイルを受け取ったら次のプレイヤーに移ります。
これを繰り返していくと、どんどん浮氷がばらばらになっていきます。

f:id:bdg-yusi:20160716193950j:image

ハメられたりして独りぼっちになって動けなくなると、その時点でそのコマはゲームから外さなければいけません。(そのいる浮氷タイルはもらえます!)


f:id:bdg-yusi:20160716220514j:image
f:id:bdg-yusi:20160716215622j:imageさようならぁ

f:id:bdg-yusi:20160716220623j:imageそんなこんなで

浮氷タイルフィールドからコマが取り除かれたら終了です!

f:id:bdg-yusi:20160716220917j:imageおつかれさんした。

終了したら各自持っているタイルの得点を計算します。

f:id:bdg-yusi:20160716221033j:imageこの場合は上から10点、10点、9点なので合計29点となります。

これで持ち点が多いひとがもちろん勝利です!

このゲームのミソは元いたタイルが消えていく、というところかと思います。そうすることで次のことを考えてペンギンを移動させなければいけません。
考えずに進んだらふっと孤島に取り残される・・なんてこともよくあります笑
逆に大きな陸をざくっと一人で作ってしまえばあとはゆっくりと独り占めできます。
そこの攻めぎ合いがおもしろいですね。

そんなワイルドなペンギンを操作して南極(かな?)の覇者になってはいかがでしょうか!?

以上、わりとランニングが続いていていいなぁと思っているハルミでした。