読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボードゲーム有志者の会

大阪-京都あたりでボードゲームオフ会を開いています。ゲーム、アートとかいろいろ。

【BL】私は咎狗の血が好き

まりいです。

今回は好きな18禁グロホモゲーの話します。

自分は自分と全然違う世界の話聞くことが好きです。

例えばジャニーズの追っかけの人の献身ぶりを本人から聞くのとか。

そういうの知見が広がる気がして好きなのでそういう事も書いていきたい。

 

 

一応R-18ゲームの話なので18歳以下の人は見れない日記です。「咎狗の血」のネタバレもあるかもしれないので気をつけてください!

 

咎狗の血って?

咎狗の血ニトロプラスキラルの第1作目のゲームです。

ニトキラはあの、すーぱーそに子とかのニトロプラスの女性向けレーベルです。良質なホモエロゲーを作ってます。

 

まえがき

ホモになぜはまりだしたかというと、これ以上に草生えることがなかったからだと思う。

イケメンがこれ以上なくくっさい台詞言ってたりとか、男同士トンデモ理論で結ばれたりしてたり、そういうありえなさで爆笑してた。

あとふつうにフィクションの男女の恋愛がしゃらくさいと思ってた。

笑ってるだけじゃなくて、あ…いいなと思える瞬間も自覚してます。
この瞬間が自分の萌えなんでしょうね。

 

萌えは人によって意味が違っていて、言葉を発した時と受け取った時の意味の振れ幅が大きい言葉だと思います。

 

ある時、おお振りの阿部くんの声優さんがネコ型ロボットにガン掘りされてるドラマCD(そういう設定)聞いたときなんか、複雑な気持ちが重なり合って最高だった。

(しかもそのCDは怒迫力の立体音響だった)

萌えはグラデーションの中の一部分で、だけど前後の階層がないと成り立たない。

 

話が逸れました。

んで自分でサイトを立ち上げたりホモを描いたりすることもなく、ピクシブや個人サイトも見る専でゆるーくBLライフを謳歌してました。

そんな中、なんとなくBLゲーは手を出したら「ガチの人」になってしまう気がしてたので、買わずにいたのですが、(高いし)まあ年齢的にも買えるわけだしものは経験ということで、大阪のオタク街で初めてのホモゲー「咎狗の血」を購入。

18禁なので身分証の提示を求められる。

車も持ってないし免許証を有効活用したのはこれが初めてだったかな。。

 

咎狗の血ここがスゴイ

なんで咎狗の血を選んだかというと、絵がイケてたから。

 

公式サイト(18禁注意!)

http://www.nitrochiral.com/pc/togainu/togainu_top.html

よかったらキャラクターとかピクチャー見てみてね。

 

乙女ゲーによくある線の細い絵柄とかはあんまり好きじゃないけど、咎狗の絵なら受け入れられそうというのと、あとすでにゲームとして評判が超よかった。

 

内容は多くのエロゲと違わずマルチエンディングのアドベンチャーです。

 

トーリー

20xx年、世界は核の炎に包まれた…

荒廃した日本で、主人公であるケンカは強いが性格がしらけてる美青年、アキラ君は無味乾燥な日々をストリートファイトで穴埋めしていた。

だが突然ある陰謀によって命をかけたデスゲームに巻き込まれる。

突然現れた役人ぽい人に、デスゲーム<イグラ>の王、イル・レを殺してこいと言われる。出来なきゃアキラは殺人の冤罪で投獄されるという。しぶしぶ引き受けるのでした。

-----

だけどホモゲーなので道中なんだかんだ理由をつけて掘られたりします。(一つだけアキラが掘るルートあり)

マルチエンディングなので、ふつうにアキラ死ぬ、もしくは同等の目にあうバッドエンドとかあります。

操作性もよく、一度見たシーンはオートでスキップできるので、もし死んだり、乳首にピアスあけられまくって奴隷にされても犬に噛まれた程度の感じでやり直せるところも魅力。

 

声優が最高

豪華声優陣。

アキラ:先割れスプーン
シキ:緑川 光
ケイスケ:何武者
リン:鬼龍院隼人
源泉:一条 和矢
アルビトロ:菱勝
キリヲ:富士爆発
グンジ:杉崎和哉

18禁なので、源氏名使ってる方がほとんどですが実はめちゃくちゃ有名で実力ある方ばかりです。

ゲームはアニメみたいに絵が動かないので声に集中できるのか、余計そう思うんですが、マジで演技めちゃくちゃうまいと思った…

普段のアニメで見られないような演技の幅を見て、単純にスゲーー!!ってなります。

けど源氏名並ぶ中で突然緑川光は男らしすぎるな。

ちなみに一条和矢さんも本名(?)だぞ。

 

エロ要素抜いた移植版も出てて、そっちはみなさん普通の表名で出演されてるみたいです。

関係ないけど知恵袋で、

「なんでPC版とPS2版は一部の声優さんが変わってるんですか?」という質問があって、そう思う人もいるとは、と目からウロコだった。

 

知恵袋http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q1323736748

 

公式がわざわざ源氏名のこと説明せんしなー。

 

トーリーがすごい!

先述の通りBLをある意味ギャグとして見てた私ですが、咎狗のストーリーは本当にすごい。

戦争が起きたあとの荒廃した世界観の描写が丁寧で、すっと話に入り込めます。

デスゲーム中、アキラ君はよく床で寝るんですが、同じくよく床で寝落ちする身としては起き抜けのだるさの描写にかなり共感できました。

 

特に、元々ノンケ同士(何人かは元からホモ)なのにセクシーシーンに入っていくときの文章の自然さがすごい。

まあこれなら男同士エッチしてもしゃあないな、と思わせてしまう説得力あり。

 

基本的に殺す、殺されるといったタマの取り合い(意味深)でお話が進行していくので、物語としても緊張感があって面白いです。

 

ホモゲーなので、攻略対象がいて、それぞれのストーリーに分岐していきます。

攻略可能キャラは☝️の声優リストのシキ〜源泉さんまでなんですが、

私のイチオシはケイスケです。

同じ孤児院にいた時からアキラと一緒におり、本人は無自覚のままアキラのことが好きになってて、アキラについていきたいと思うけどケンカ番長のアキラと弱い自分をいつも比べてしまう。

しかもケイスケが初めてできた彼女と初エッチのとき、彼女の肩を抱いた瞬間「アキラはこんなに細くないな」と無意識に頭の中にアキラのことがチラついてしまい、結局継続することができず彼女に振られるというエピソードのあるかわいそうなキャラ。

どんくさいのに頑固で、アキラからついに「お前見てるとイライラする」と言われてしまいます。

これがきっかけで、ケイスケはアキラに嫌われたくない、一緒にいれるくらい強くなりたいという気持ちが心の闇として発露し、その後の物語の展開に深く関わってきます。

 

ある意味このゲームを代表する、超有名な腸エンドは彼ルートのバッドエンドです。(気になる人は腸エンドでググろう。スチルが出てくるぞ)

トゥルーエンドも声優さんの迫真の演技もあってめちゃくちゃ手に汗握るエッチシーンでした。

ケイアキは最高や。

 

ちなみにニオシは源泉さん。

子供を亡くした源泉さん×親をなくしたアキラの教会で神が見守る中の擬似近親相姦(♂×♂)は最高でした。

海外のフォーラムでも、全ルート唯一の合意の上のセックスだと盛り上がってました。

 

音楽が最高

で、これが言いたくてこの日記書いたみたいなとこあるんですけど、

主に日常パートとかセクシーなシーンの時に流れる曲がマジで最高!!!!!!

似たメロディが繰り返されつつ、どんどん盛り上がっていく曲調はまるでクラシックのボレロみたい。そんな感動的な音楽です。

ネットには上がってないので、ゲームするしか聞く方法ないと思います。

てかネットのどこさがしてもこの曲好きな人見つかんないんすよね。

いとうかなこさんの歌うエンディング曲「still」とかシキ(攻略対象キャラ)の固有曲とかの評判はよく見るんですけど。

ちなみにstillはJOYでもDAMでもカラオケで歌えるぞ。

 

アニメはクソ

アニメ化されましたが、これが特大の糞でした。

多分ひどすぎてwikiにまとめられてると思います。

多分円盤買った人0人だと思います。そんくらいひどい。

ちょっと思いつくだけでも

  • 絵が下手
  • 海外外注の背景に日本人差別ワード(複数)
  • 主要キャラが真っ二つに斬られて死ぬなどの原作にはないありえんストーリー改悪

など色々ありました。全部見たけど。

 

移植版について

実は移植版一切やったことありません。

新キャラとかいるらしいですけど、エロ無しでホモゲーやる意味、ある?と思ってる派なので… 

でもスマホアプリが出てるみたいです。これならやっちゃうかもなー

スマホはなんのハードルもぐいぐい下げてきますね。

 

この時点で3500字あるのでそろそろ切ります

咎狗の血、血と肉とエロとホモが大丈夫ならBL入門として楽しめると思います。

ではみなさんよきBLライフを!