読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボードゲーム有志者の会

大阪-京都あたりでボードゲームオフ会を開いています。ゲーム、アートとかいろいろ。

ニムト 牛さん押しつけゲー

ボードゲーム紹介

こんちわ!

 
夜が寝苦しくなりまじめましたね!日本製の扇風機は風が優しいです!
 
夏の太陽が照らし出す、雄大な原っぱに暮らす無数の牛さんに想いを馳せませんか!?

のろまな牛はアイツに渡せ!!

 
というわけ(どういうわけ?)で、今回は
 

f:id:bdg-yusi:20160703210430j:image
 
ニムトです!!(とうとう写真・・)
 
 
人数:2~10人
年齢:8歳~
時間:30分(もかかるかな?
 
原題はドイツ語で 6 Nimmt! てなわけで、直訳すると「6取れ!」て意味らしいです。わかりやすくてとてもいいです。
 
では、箱と中身↓

f:id:bdg-yusi:20160703121914j:image
今回はとってもシンプルなカードのみのゲームです。
104枚のカードには1~104までの数字と牛さんマークが書かれています。
 
縦に並んだ四枚のカードにそれぞれだした手札を順に並べて、どれか1列の6枚目にカードが並んだ人はドボン!そのカードを引き取る、てなゲームです。(ドボンとはそれ負けだよ~ということです。)
引き取ったカードの牛さんマークの合計が少ない人が勝ちです。ので、できるだけ牛さんを引き取らないようにゲームを進めます。
 
 
まずシャッフルした104枚のカードから一人
10枚ずつ配ります。これが手札になります。
 
次に残りのカードから四枚のカードを場に縦に並べます。
 

f:id:bdg-yusi:20160703202049j:image
こんな感じで、準備完了~
 
残りのカードはお片付けします。(10人でやるとカードは残りません。)
 
ゲームを開始したら全員手札から一枚選んで場に伏せます。
 
全員出したら一斉にオープン。
 
ぺろんちょ

f:id:bdg-yusi:20160703202228j:image
 
順番に場の四枚のカードに並べていきますが、
・小さい数字の人から順に並んでいきます。
・並ぶ場所は列にあるカードの一番近い数字の右横に並んでいきます。
 
この場合だと、

f:id:bdg-yusi:20160703202332j:image
 
このように並びました。
 
次のターン!で、

f:id:bdg-yusi:20160703202506j:imageならべてみると・・

f:id:bdg-yusi:20160703202534j:imageすると「58」が6枚目になりました!

ドボンです。ぐえっへっへ

f:id:bdg-yusi:20160703202626j:imageこのカードを出した人は後ろ5枚を受け取り、6枚目が列に残ります。
そのあと残ったカードをまた近い数字に置いて、次のターンに移ります。
 
基本的にはこの流れでゲームを繰り返しますが、もう1つルールがあって
・列のどの数字よりも小さい数字を出した場合は好きな列を引き取ってそのカードを列に置きます。
 


f:id:bdg-yusi:20160703212438j:image
「2」がどれよりも少ない数字なので、好きな列を選び

f:id:bdg-yusi:20160703204143j:imageその、列のカードを引き取ります。
 
あえて少ない列を引き取ることで、危険を回避する場合などに力を発揮します。
 
このルールが展開を変える醍醐味になり、番狂わせが起こりあーだこーだ白熱する要素となりますので、どのタイミングで小さい数字を出すか大切になったりしますね!
 
これを合計10ターン行い、手札がなくなった時点で終了です。
 
終わったら各引き取ったカードの上にある牛さんマークの数字を全て数えて、一番少ない 人が勝ちです!
 
この場合は、

f:id:bdg-yusi:20160703205511j:image合計7点となります。
 
 
一応プレイ人数が「2人~」となっていますがやってみた感じでは4人以下のプレイは厳しそうですかね。

3人で最初やると、なかなか六枚目に到達しませんで盛り上がりにかけました。

結局二回?くらいしかドボンせず、微妙な感じで終了・・

また、10人でやったことはありませんが、10人だとほぼ運に任せることになるように思うので、適性人数は5~8人くらいかな?と思います!

箱も小さくルールも簡単なので年齢も幅広くできるので、旅行先などにもっていくには調度いいですね!!


f:id:bdg-yusi:20160703210019j:image

以上、バーベキューしたいな~と思うハルミでした!