ボードゲーム有志者の会

大阪-京都あたりでボードゲームオフ会を開いています。ゲーム、アートとかいろいろ。

東京ダンガン・・!!!

 

ちわ!

 

もうさっさといい流れでやっちゃいました。今月グランディングさんから出たボードゲームの二つ目は

 

「東京ダンガン」です!!


f:id:bdg-yusi:20170612212922j:image

 

迷路のような東京!!

それも日帰りで5箇所の観光!

誰よりも早く、全ての目的地に到達しようぜ!

⚠安全第一は忘れずに!

 

人数:2~4人

時間:30分

年齢:10才~

 

じゃ、とりあえず中身~


f:id:bdg-yusi:20170612212952j:image

・説明書

・ゲームボード

・街カード48枚(12箇所×4色

・道路タイル(60枚

・プレイヤーコマ(4色

・到達マーカー(6個×4色

 

すね。

 

とりあえずゲームボードは広げると、東京の簡略マップみたいになってます


f:id:bdg-yusi:20170612212903j:image

 

んで、街カードはボード内に書かれている観光地が全てあります。


f:id:bdg-yusi:20170612213128j:image

 

とりあえず各プレイヤーは自分の決めた色の、街カード・プレイヤーコマ・到着マーカーをセットにして受け取ります。

 

 

ーそれじゃあ準備だ!!!

 

まず、街カードをシャッフルして、1枚めくって、全員が被らないように出発地点を決めます。

決まったらその観光地のマスに、プレイヤーコマと到着マーカー1つを置きます。

(東京に馴れてない関西人には、場所見つけるのがとっても大変w)


f:id:bdg-yusi:20170612213514j:image被らずに決まったら、


f:id:bdg-yusi:20170612213612j:imageボード上に配置だ!(今回は三人仕様)

 

出発地点が決まったら、さらに5枚引いて自分で見ます。これがこれから向かう目的地となります。

そして、道路タイルを1人2枚ずつ受け取ったら準備完了です!!


f:id:bdg-yusi:20170612214007j:image
f:id:bdg-yusi:20170612214006j:image さぁやるで!

 

~ゲームの流れ~

 

とにもかくにも誰よりも早く全ての目的地についた人が勝利です。

向かう順番はどうでもかまいません。

 

★ターン中の行動★

自分のターンには、次の4つのアクションを3回まで行うことができます。

 

・道路タイルを置く

手持ちの道路タイルをボード上の好きなところに配置できます。向きも自由です


f:id:bdg-yusi:20170612214720j:image

 

・道路タイルの回転

ボード上にある道路タイルを1つ好きな方向に向けれます。プレイヤーコマがある場所も可。


f:id:bdg-yusi:20170612215155j:image

 

・道路タイルを取り除く

ボード上の道路タイルを1つ取り除きます。

 

・移動する

自分のコマを道路のつながっている限り進ませることができます。


f:id:bdg-yusi:20170612215440j:imageブーン

 

ここで目的地についたら、到着マーカーを1つ置き、手札からそのカードを公開します。
f:id:bdg-yusi:20170612215659j:imageやったぜお台場

 

〇アクションを終えたら、手札が2枚になるように道路タイルをひいて、おわりです。

 


f:id:bdg-yusi:20170612220300j:image道路はどんなに離れてても繋がっていれば移動できます

 

右端の「隅田川」は両端にタイルが置かれ、道が繋がれば一気に進むことができます。


f:id:bdg-yusi:20170612220008j:imageギューン!

 

皇居、御用地、海はタイル通れません。
f:id:bdg-yusi:20170612220131j:image

 

こうして順番に進んでいき、全ての目的地に回りきったひとが勝者です!


f:id:bdg-yusi:20170612221538j:image残るは巣鴨


f:id:bdg-yusi:20170612221602j:imageもうすぐそこ~~


f:id:bdg-yusi:20170612221615j:imageジュン!!

これで赤プレイヤーの勝利です!!

 

 

届く前はもっとがっつり系かと思っていましたが、実際見てみると大分とシンプルなゲームデザインでした。

 

ですが、こちらもサクサクプレイできて、なかなか好評でした。

ゲーム全体の色味が暗くて「何で??」という意見はありましたね。

多分疾走感の演出よな?

 

グランディングさんの新作ボドゲ2つやってなんだか手応え感じましたね!

有名な街コロでも買ってみるかぁ?

 

またお財布と相談したいとおもいます。

 

それじゃ、夜さむいよね?ハルミでした!! 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

落ちゲー的、「ツンダ―ル」!!

こんにちは!

 

ブログ一周年突破一発目は

 

ツンダ―ルです!!

f:id:bdg-yusi:20170611000341j:plain

人数:2~6人

時間:10分

年齢:10歳~

 

グランディングという会社で日本産です!

 

ちなみに、、今月グランディングさんで発売されたボードゲームは二種類とも購入したのでもう一つもまたブログにしたいと思います

 

つわけで中身!

はシンプルに、説明書とカード45枚です。(3色3種類5セット)

f:id:bdg-yusi:20170611001100j:plain

 

 

カードの種類はこんだけ。

f:id:bdg-yusi:20170611000833j:plain

 

〇ではまず準備としてカードを組んだら山札から4枚引き、横に並べます。これが台座となります。

あとは山札から各プレイヤーは2枚ずつカードを受け取ります。

 

準備もこんだけで完了です!おてがるだね!(写真は3人プレイ

f:id:bdg-yusi:20170611003722j:plain

 

ゲームの流れとしては各プレイヤーは自分のターンに2枚の手札から1枚選んで台座の上に置きます。

その後、1枚カードを補充して次のプレイヤーに移ります。

f:id:bdg-yusi:20170611010502j:plain

 

そのなかで、ある条件で2回台座の上のカードを受け取ると、そのプレイヤーは脱落となります。それを繰り返し、最後の一人になるまで続けます。

 

〇その、カードを受け取らなければならない条件ですが、カードを出して、同じ柄、もしくは同じ色のカードが隣接すると、そのカードをすべて受け取らなければなりません

f:id:bdg-yusi:20170611002957j:plain同じ柄の場合(上にも積むことができます

f:id:bdg-yusi:20170611002951j:plain同じ色の場合。

 

この条件でカードを受け取ったとき、上にカードが残っているとそのまま真下に落下してきます。

そしてその時にまた条件がそろうと、引き取りの連鎖が起こります!

 


f:id:bdg-yusi:20170615074242j:imageへび揃いの・・
f:id:bdg-yusi:20170615074253j:image空白ができると
f:id:bdg-yusi:20170615074300j:image落下しました。
f:id:bdg-yusi:20170615074419j:imageそこでトリさん出会って
f:id:bdg-yusi:20170615074441j:image消えたっ
f:id:bdg-yusi:20170615074446j:imageにゃーん


 

〇連鎖が起こって何枚受け取っても1ターンで1カウントです。

2回の引き取りがあると脱落となります。

 

そうして最後まで残った人が勝者となります!!

 

〇台座の上には5枚までカードは積むことができます。

f:id:bdg-yusi:20170611005432j:plainつんだーろうぜ

 

 

これが大まかな流れなのですが、実はもう一つ特別勝利があって、、

 

f:id:bdg-yusi:20170611005749j:plainなかなかの絶対絶命の状況です

 

f:id:bdg-yusi:20170611005900j:plain

「黄トリ」置いて、点線のカードを受け取ります

f:id:bdg-yusi:20170611010143j:plainそして

f:id:bdg-yusi:20170611010148j:plain落下してさらに7枚連鎖しました。

f:id:bdg-yusi:20170611010402j:plain

f:id:bdg-yusi:20170611010417j:plain結果、16枚のカードを受け取ったことになりました。

 

特別勝利とは、受けとったカードが15枚以上ならその場で勝者となります!!!

 

 

なんてこったい!!

 

なので、ピンチの時はいいタイミングで思い切ってカードを取りにいくのも戦略です!

このルールで楽しさが倍増しています。

 

 

→★4人でプレイしてみましたが、めちゃくちゃ評判よかったです。

3回目にはルール以上にゲームのツボもわかって、しかもサクサク終わるのでめちゃめちゃ繰り返し遊びました!笑

シンプルなルールに積む楽しさ、消える爽快感もあってこれは買ったかいがありました~

 

スリーブは必須となりそうです。

 

がんばれ国産ボドゲ~~っ

 

以上ハルミでしたっ! 

 

 

 

 

 

ボドゲブログ1年だぁぁ

 

本日6月10日でボードゲーム有志者の会ブログは1年突破となりました!!

 

ゎぁあ

 

なんとか1年まだ生きてるのでこのまま生かしてやりましょう笑

 

以上、です!!

第9回ボードゲーム会まとめ

こんちは!

 

相変わらず更新バランスがたがたボードゲーム有志者の会。

 

歯止めをボドゲ会まとめでかけていきたいと思います!笑

 

 

★開催は6月4日(日)!

場所は毎度おおきに、高槻ファイブプラザ!

ほんとに重宝してます、ここ。

 

今回は人数どうなることかと思いました(みんな色々あるもんね)が、お初も二人来てくれてなんだかんだで8人集まりました!

5人とかでも全然いいけどこうなると「もう誰かの家でいいじゃん」となるのでやっぱり人が多いほうがいいですね。

 

今回は今まで日の目をあまり見なかったボドゲを持っていきました~

持ってった数がちょっと不安でしたが、まぁいけました。

一番荷物少なくて、僕は楽だったよ☆

 

とにもかくにもまずは「ウソツキシャーマン」!!!!

やるぞ!!!!!

 

と説明微妙~にし始めたとこでせつーらも来て人数増えたのでとりあえず皆でできるもん!

てことでディクシット~ジンクス~。


f:id:bdg-yusi:20170607220922j:image変わったかるたみたいなもんですかね?ルールも簡単、さくさくっとできて、導入としていいですね~!

 

本家ディクシット欲しいなぁ・・

 

そん次はやっぱりおばけキャッチ!!!

・・はもう毎度のことなんで置いときたいと思います笑 

 

次にもこれはけっこう楽しみにしてた、「BIG SIDE 」。

去年ボドマで個人ブースで購入して放置してしまってました。


f:id:bdg-yusi:20170607221946j:imageオールドボスは組員カードを配られた他のプレイヤーが、誰が仲間で、誰が裏切り者かを推測して、任務に連れて報酬を得る。というなかなかスリリングなゲーム・・

 

なはずなんだが・・

 

うーむ・・

改良の余地ありですかね笑

多分・・

 

そして自称人見知りといってた初参加の僕の友達がやたら改善点を連呼しまくってたので「うるせーーー!!めちゃくちゃ主張してんじゃねぇか!!!!」と、内心突っ込みまくってましたw

 

 

つわけで8人全員そろったとこで、半分ずつに分かれました。

 

せつー側はせつーリクエストで今回持ってきた「逃げゾンビ」。


f:id:bdg-yusi:20170607223152j:image

迫りくるゾンビをぶちのめしつつ、個性豊かな市民を助けて逃げろ!!

的な感じですね!かなりがっつり系ですね~


f:id:bdg-yusi:20170607222939j:image


f:id:bdg-yusi:20170607223141j:image

最初細かいルールなどで苦戦してましたが楽しんでるようでよかったです。箱でかいけど。

 

 

そいで、こちらはやっと出番きました!!

「ウソツキシャーマン」!!!

http://boardgames.hateblo.jp/entry/2017/01/17/112905

 
f:id:bdg-yusi:20170607225640j:image

散々いってやっとできました。笑

やってみた感想ですが、

 

苦手だけど思ってたより面白い!!

 

 

ダウト宣言出来るのが次のプレイヤーのみなのでなんだかなー。と思ってたのですが、1ゲームがサクサク終わるので席替えして次のゲーム~とすれば全然問題ありませんでした!

動物タイルも適当に順番交えるだけでもちょっと変わった気もしますしね!

 

呪文!する際はちゃんとマイ呪文を唱えるてのをやってましたが、後半はどんどん適当な呪文になってましたね・・あかんぞ!そういうとこ適当にしたら!

 

少しの合間にやるにもちょうどいいスピーディー感でけっこう有能だと思います!

 

ほいで次には「オー・マイ・グーッズ!」です。


f:id:bdg-yusi:20170607230119j:imageこれも家で二人でやってみただけだったので、かなり心配でしたが、僕はかなり好きでした!

ジャンルでいうと生産系ゲームですね!

物を作って売って新しいの工房建ててまた物を作る!みたいな感じです。


f:id:bdg-yusi:20170607230424j:image

 

生産チェーンてのが鍵になるんですが、その必要な材料が「布・・??反物とかどこにあんねん!!!」とかなりました。

ちゃんと探したらあるんだけど。笑

 

カードのみなのになかなか良くできてますわ。ルール把握したらややこしくもないですし!

ただ意外とプレイする場所とるので要注意です・・!!

 

カルカソンヌもやったわ!

でもオーマイグッズかどちらが先だったか・・??

しかし今までで一番ごちゃごちゃ感あって地図っぽくてなかなかよかったです!

 

 

もうこの辺でもうなかなかの時間でした

時間経つのは早いな

 

んで最後こいつもお初の「インカの黄金」でしたが、


f:id:bdg-yusi:20170607231844j:imageいわゆる?チキンゲームです!

奥に行けばいくほど危険が増す遺跡を進んでいいタイミングで遺跡から脱出!!

 

まぁ~

思ってたより・・

 

まぁまぁ笑

という印象でした。

 

というのも若干ルールが怪しいとこあったのと、時間なくなってきて急ぎ足でやったのも原因かと思います。

ちゃんとルール見直そう。(あと改善点も多分見えました。)

 

まー今回はこんな感じでした。

振り返ってみるとやった数はいつもより少ない?気もしました。

でも自分の中ではマンネリボドゲ化から少し脱出できた気がしましたね!

  

やっぱりボードゲームの良し悪しは皆で何回かやってみないとわからんな!!

 

 

 

そのあとの二次会はまぁおいといて、次回もまたぼちぼち企画していきたいと思います!

 

 

以上まとめでした。

ハルミでした!!

 

泳げ泳げ(泣)ゲット・ビット!(get bit!)

こんにちは!

こないだのボドゲ会の興奮も冷めやらぬまま1つまた紹介していきましょう!!

 

今回は


f:id:bdg-yusi:20170423181102j:image「ゲット・ビット!」です!!

・時間:10~20分

・人数:2~6人

・年齢:8歳~

・ゲーム難解度☆☆☆☆★

 

僕らはロボット・・何故だかわからないけど後ろにはサメ・・陸地に着けるのは二人だけ!

絶対僕が帰るんだ!!

 

と、なかなか悲しい設定のゲームで、なんとロボットがバラバラになっていきます・・

 

それがね、ほんと人とはなんなんでしょうか

 

結構楽しいんですね。はい。

プチっと取るときが気持ちいいゲームです。

 

ずっと気になってたんですが、こないだの関西ゲームマーケットで見かけたので購入しました。

 

 

はい、では中身!!!



f:id:bdg-yusi:20170424071459j:image

・ロボット:6体(各1体)

・数字カード(各色1~7まで1枚ずつ)

・おサメちゃん

・ただのおサメちゃんの描かれたカード笑(使いません)

 

 

といった具合になっています。

 

・ではゲームの準備! 

プレイする人数によって少しずつ使うカードが違い、今回は5人という設定で進めます。(今回は白はお留守番)


f:id:bdg-yusi:20170423181828j:image各ロボットにつき、1~7までのカードがあります。

絵柄見てもわかりますが、1→7で数字が強くなっています。

 

今回の5人用では全員7のカードを除去してから残りのカードを受けとります。

 

次にロボットをじゃんけん等で順番を決め、1列に並べます。そして最後尾におサメちゃんを配置します。



f:id:bdg-yusi:20170424070810j:image

これで、準備完了です!!

 

ゲーム開始っっ

 

というわけで、各プレイヤーは手札から1枚カードを選んで、せーので一斉に場に出します。



f:id:bdg-yusi:20170424070827j:image
こういう感じ。

そして、数が少ないプレイヤーから順に1つ前のロボットと交換して進めます。

 

まず一番数の少ない「1」は赤ですが、先頭にいるのでそのまま。次に少ない「2」の青が進みます。

f:id:bdg-yusi:20170424070943j:image
交換しました。



f:id:bdg-yusi:20170424070951j:image
次に「3」の黄。



f:id:bdg-yusi:20170424071001j:image
そして「4」「5」と泳いで前にでます。

 

つまり、数が大きければ大きいほど最後に前に出れるので、安全ということになります。

 

こうして最後尾は黄色のロボットに決まりました。

最後尾のロボットはおサメちゃんに、、
f:id:bdg-yusi:20170423190641j:image襲われます!!!


f:id:bdg-yusi:20170423185946j:imageギャン!!


f:id:bdg-yusi:20170423190824j:image

 

・・という感じで最後尾になったロボットは手足のどれか1つをおサメちゃんに奪われます。


f:id:bdg-yusi:20170423190926j:imageそして噛まれたロボットはどつかれて一番先頭に出ます

さらに、そのプレイヤーは場に出した分のカードを手札として回収することができます。

または、ゲームが進み手札が残り1枚になっても、他のカードを手札に戻します。


f:id:bdg-yusi:20170423191140j:image救済処置・・。

 

逆にいえば、その他のプレイヤーは場に出す度に選択肢が減っていくことになります。

 

次のターン。

 


f:id:bdg-yusi:20170423191419j:imageおっと、ここで



f:id:bdg-yusi:20170424071111j:image
3人の数字が被りました。

数字がバッティングするとそのプレイヤー達はそのターンは進めません

ので、「2」の白と「4」の赤だけが進むことができます。


f:id:bdg-yusi:20170423195457j:image

こうして今回の最後尾は青に決定しましたので、、

 



f:id:bdg-yusi:20170424071210j:image
食われます・・

 
f:id:bdg-yusi:20170423195632j:imageそしてまた一番先頭に行き、青プレイヤーは場に出していたカードを全て手札に戻す。

といった具合にゲームが進んでいきます。

 

これを繰り返し、手足4つを全て失うと、脱落となります・・(海の藻屑よ)


f:id:bdg-yusi:20170423195902j:imagegood-bye blue.


f:id:bdg-yusi:20170423200102j:image
 

 これを最後二人になるまでゲームが続きます。

 


f:id:bdg-yusi:20170423200223j:image

い・・生き残った・・・

 



f:id:bdg-yusi:20170424072137j:image
すると散々暴れまくったおサメちゃんは遠くの沖に去っていくのでした・・。

 

f:id:bdg-yusi:20170424071315j:image
これで1位は白プレイヤー!2位は黄プレイヤーとなります!!

 

と、なかなか落ち着いてブログを書いているとなんだか切ない気持ちになりましたw

 

 

で、でもね、可動フィギュアとしてもとても優秀で、とってもいじりがいがあります!!

オフショット笑

f:id:bdg-yusi:20170423200619j:imageこんなのほほんとした写真とれたり、


f:id:bdg-yusi:20170423200736j:image色替えで組んでスパイダーマンとハルクとか作ってみたり、


f:id:bdg-yusi:20170424065455j:imageなんか戦隊物ごっこできたりできます。

 

ほぉら愛らしいでしょう

 

 

バッティングの緊迫さと、プチっとちぎる気持ちよさと、フィギュアとしての愛らしさを持ったゲーム

こんなロボットたちを是非手に入れてみてはいかがでしょうか!?

 

 

すっかり春だね!

はるみでした。

 

 

 

 

第8回ボードゲーム会 まとめ

 

春らしさも感じつつ朝の冷たさを感じてぶるぶるしてます

 

はるみです

 

4月16日(日)に行った第8回ボードゲーム会が無事終わりましたのでなんとなし不定期のまとめです。

 

日付は上記の通りで、時間は12時~20時。

もうだれもこの時間設定長いとは思わないw

場所はほぼ固定になってきている高槻の貸しスペースです!

しかし今回なかなか嬉しい誤算なのですが、参加者が過去最大(予定は少し変わって最終12人)を迎え、部屋がパンパンになりましたw

人が来る度机の配置を替えてごちゃごちゃしましたが、皆の協力もあって結果なんの問題もありませんでした。(ほんと皆良い方)

 

しかしコンスタントにこの人数なら部屋も一つ大きい所を選ばないといけませんね。

 

今回は予想もびっくり(?)一気に年齢層が広がりましたw

当然といえばそうなんですが、今まで友達とか知り合い呼び合ってだったのでまぁ年齢は一つか二つ違い程度だったんですが、今回は縁あってなかなかお兄さんと小学生!!

いやぁ、楽しいな

こうして楽しさが広がればその年代にも広がっていくわけでしょう?

むっちゃわくわくするわ

もちろん何の問題もなく充実したボドゲ会でした!!

てかむしろ良いアクセントになったよねw

 

はいはい~

ではボードゲームの思いだし・・

多分全部は覚えてないですができるだけ時系列合わせて、あと、できるだけまわりの様子も思い出して書き出したいと思います。

 

最初は言うても部屋にとりあえず入った段階では5人・・(てか集合時間は二人笑)からのスタートでした。

まぁ皆ぼちぼち集まるんで待つ必要もないし5人とも良い大人(一人はそのお兄さんw)なんで、あえてドミニオンから始めることにしましたw

 
f:id:bdg-yusi:20170421072911j:imageとにかくカードいっぱい使うデッキ構築形カードゲーム?ルールはシンプル、やり込みは無限大

今までにないよ笑

大抵軽いのから始めるって感じやったんで

 

んで大体の説明を終えて、いざやるか、とおもったら

 

はいこんにちは☆待ってたぜ

今回最年少くんが来てくれました。(塾終わり?おつかれさま)

ので、ドミニオンはそのままとりあえず置いておいて、

 


f:id:bdg-yusi:20170421073227j:image「おばけキャッチ」へと興じることにしました!

紹介ページ→http://boardgames.hateblo.jp/entry/2016/06/12/195856

 

これは本当に僕の中で神様が与えてくれたゲーム、ボドゲの世界にハメてくれて特別なゲーム、誰とでもいつでもできるゲーム。

というわけでごちゃごちゃとやりました!

小6手加減なし!てか大人手加減する余裕なし!!結局せつーに最後ゆだねる状況・・

 

せつー、勝ってくれてありがとう・・(小6に)

 

とまぁなんやかんややっている間にぽつり、ぽつりと人がやってきて、その時点でなぜか前には感じなかった圧迫感が・・

机を移動して増やして早速組分けしました。

せっかく説明までしていたので最初からいる男四人でドミニオン

むこうは女性陣が小6を囲んでドブル、ナンジャモンジャ、キャット&チョコレート(今回は幽霊屋敷編)あたりだったと思います。

(写真確認したら宮っちもいました。(名指し))

キャッチョコ→http://boardgames.hateblo.jp/entry/2016/06/19/193505

 一応小学生てことであっさりめのチョイスでということと思いますが、上手く盛り上がっていたようです。

ドミニオンは野郎共全員だだはまり笑

中毒性マキシマムですね。



f:id:bdg-yusi:20170422071117j:image

 

一息ついたとこでまだやりたりない野郎共に小6くんを加えてドミニオンはまた始まりました。笑

 全然小6ドミニオンできんじゃん・・!

 

この辺からすでに記憶曖昧なんですが、おそらくこの時点で12人になっていて部屋はわちゃわちゃしておりました。

ドミニオン組を置いといて女性陣はこの時おそらく海底探検をやられてましたな・・!!

 

そのあと僕はいつもほんとはやりてぇやりてぇバトルライン


f:id:bdg-yusi:20170421210549j:image

今回はやってもらえた!!

こんなクソ熱い二人用ゲーム知らないのは勿体ないんですよ!!!

これもブログ書きたいなぁ・・

 

たしかこの前後でお母さんが迎えに来て、小6くんが帰ることに

発言はでっけぇ声でな!!と余計な発言をする僕としおらしく感謝を述べる小6くん。

ちなみにその帰る際、まったく目が合わなかったぞ・・少年

いちお僕主催の一人なんすけど・・

 

向こうではロータスで花を咲かせてる女性達がいました。http://boardgames.hateblo.jp/entry/2017/04/08/234320

見た目は華やかだし、やっぱ買ってよかったなぁ・・と思いました。


f:id:bdg-yusi:20170422070643j:image

 

バトルライン終戦古代ローマに思いを馳せた後、「ロータス」の花園から降りてきた二人を入れて「たたらばと森」をしました!!


f:id:bdg-yusi:20170422070746j:image

恥ずかしながらたたらばと森、ブログも書いたくせにルールを間違っていたという不始末

 

てかブログも訂正しました・・すいません・・

 

しかし皆の指摘のおかげでゲームの面白さがぐっとあがりました!

 

むこうではせつー持参のディクシットミニをやってたかな?

 

たたらばと森の楽しさがわかったあとはこのへんで人数も10人なって、アヴァロン大好きボドゲクレイジーガール持参の「アヴァロン」。

そのあと締めの人狼ですが、人狼大好き姉さんにまた「人狼DX 」を持ってきてないことを言われ、「またってまだ二回目・・」と心で呟きつつ素直に謝りました!

ごめんなさいって大事☆

 

この正体隠匿系は次こそ帰って来たマリイちゃんに体験してほしいです。

早くこいこいボドゲ会~(まぁ自分らで企画するんだけど)

 

とりあえずボードゲーム会は20時を迎え、お開きとなりました!

ここからは蛇足ですが、その後の話し~

皆で高槻駅までとりあえず歩き、一人は滋賀から来てくれてるので帰らないと・・、というので彼に便乗して帰ろっと思ったら止められました。笑

飲みが嫌ではない(てかむしろ大好き)んですが、何故かボドゲ会終わると「やること終わったし、さて帰るか・・」と満足感いっぱいとなってしまうんですね。

いつも帰るやん!て言われたけど心で「いや・・前回は理由あったし、ほんでだからまだ二回目やん・・」て思いましたがそこは素直にじゃ、いきます!とご一緒しました。

 

確かにほぼ皆行くのに一応主催の一人の自分帰るのまぁまぁおかしい笑

 

そして飲み会もクソ楽しく、帰って飲み過ぎてることに気付き悶え眠りにつきました。

 

ボードゲーム会を三人で企画し始めて一年と半年そろそろ経ちそうですが、僕個人として今とっても楽しいです・・!!(荷物はなかなか重いけどw)

人が集まれば、固定メンバーが増えれば、色々新しい試みもできると思うので、常に野望を持って・・

 

ぼちぼちやっていきたいと思います笑

 

てな感じで新しい出会いあり、謝罪ありでしたがよくわからんまとめはこのあたりにしたいと思います。

 

あ、あとブログも書いたのに一度も誰もやろう!といってみてくれない「ウソツキシャーマン」。

確かにこれおもろいんかな・・と自身が疑ってますが一回は誰かやらせて!!!
f:id:bdg-yusi:20170421210758j:imagehttp://boardgames.hateblo.jp/entry/2017/01/17/112905

 

ほなまた!!!

 

 

 

 

 

たたらばと森、本当にごめんなさいっ!!

 

さっそくですが、謝罪します。

 

なんだかんだでこのブログで一番見ていただけていた「最速!「たたらばと森」ボードゲーム レビュー」の記事ですが、

 http://boardgames.hateblo.jp/entry/2016/12/11/123953

足マーカーに関するずーーーっと間違ったルール把握を訂正せずにまんまにしておりました!

 

現在は訂正済みですが、あの記事を参考にゲームを始めた方がおられましたら本当に申し訳ありません

今後はルール把握を徹底しますので、よろしくお願いいたします

 

2016年9月24日に飛行機の中で書いていた原稿

関空から出発。
見送りにはみゆき(母)とせつーが来てくれた。
みゆきは車で空港まで私を送ってくれたのだが、途中エンジンがオーバーヒートして、高速道路上をいつ車が故障し止まるかヒヤヒヤしながら来た。

ターミナルまできてくれたせつーは泣いていた。
固い自作の焼き菓子をくれた。

 

自分なんか、ただただいい年して、向いてない仕事辞めて、ゆっくりした自殺の気分で、現実逃避に海外に逃げるだけなのに、家族に援助してもらい、友だちに心配しながら送り出してもらい、たぶんこの人たちは私が死んだら悲しむ人、そのことを目の前で見てついにわかってしまった。

 

少し前の在職中、人間不信の傾向があった。

小さい声で話をしている人を見れば、自分のことを言われているのではないかと怯えてた。

辞める時にパートさんからお別れにとお手紙をもらったが、開ける前に、この中には心が張り裂けるようなことが書かれているかもしれない、という感情が真っ先に湧いて出た。
実際はもちろんそんなのじゃない。

辞めたあとの自分を激励してくれるようなものだった。


人の善意をこんな風にしか思えない自分に対しては、ついに来るところまで来たなという感想だった。
自分はもう人を信じきることができないのかもしれない。
1年前に会社で事件がおこり、そのとき体と精神に大きなダメージを受けたように思う。

 

でも今空港を送り出してもらって、お別れを短く感じたのは初めてだ。
たった半年の留学だから大したことねー、と思ってたけど、すぐに連絡が取りたくて仕方ないよ。

 


せつーにもらった固い焼き菓子を奥歯で食べる。
シートと床にバラバラこぼしまくったので、天空アリがたかりに来るかもしれない。

おはな咲かせよ!・・ロータス!!

 

新年度なりましたので、また久々にボドゲ紹介でもしますか!

 

今回のボードゲーム・・

 

ロータス」です!
f:id:bdg-yusi:20170408001535j:image

時間:30分

年齢:8歳~

人数:2~4人

・ゲーム難解度☆☆☆★★


迷い混んじまった花園の秘密・・永遠の命と叡知をもたらす禁断の花々・・

 

的ななんか感じでした!

設定しっかりしてるぽかったけどうろ覚えです、すんません

 

とにかくこれはぱっと場全体がうつくし~くなるゲームです!

小物類も良し。場の見た目も美しい。ルールはシンプル。そこそこの戦略性。と

まさにボドゲビギナーに体験してもらうのにはもってこいのボドゲです!!!

 

実は発売して間なしに買ったのですぐブログ・・と思ってたんですが、今になりましたw

すいません・・

 

 

 

気を取り直して!

 

中身です。



f:id:bdg-yusi:20170408001229j:image
・花弁カード124枚(各4色31枚)

・ワイルドフラワーカード20枚(灰色)

・守護虫8個(各4色2個)

・長老の守護虫4個

・特殊パワートークン12枚

・得点トークン12枚

 

となっています。


f:id:bdg-yusi:20170408072248j:imageこういう小物が大好きです。イモムシは少しキモいですが。(何故ひとつだけ幼虫なんだ)

 

では早速ゲーム準備です!

 

まず各プレイヤーは好きな色を選び、その色の全てのカードと、守護虫2つを受けとります。

その中から人数に合わせて説明書にある分のカードを抜いて山札とします。

 

真ん中をがぼっと開けて、囲むように空いたところにワイルドフラワーカードを4枚並べ、残りの山札と特殊トークン等を近くに並べます。

空けた空間が花を咲かせる蓮園となります。

 
f:id:bdg-yusi:20170409085740j:image
3人用でセット完了の図。

 

あとは手札を各プレイヤー4枚ずつ引いて、ゲーム開始どす!!

 

〇手番のアクション!

手番となったプレイヤーは次の3つのアクションを、どれか2回行います。(同じアクションを二回行うことも可能)

 

・花弁カードを場に出す

・花弁カードを交換する

・守護虫を移動する

 

では一つずつ。

「花弁カードを場に出す」は手札にある花弁カードを1枚、同じ種類なら2枚まで場に出せます。


f:id:bdg-yusi:20170408073842j:image最初の手札から・・


f:id:bdg-yusi:20170408073900j:image二枚のカードを出しました。

 

花には5種類の花があり、完成させるための枚数が違います。花弁カードの左上に必要枚数が書いてあります。



f:id:bdg-yusi:20170409222238j:image

花が必要枚数に達すると支配者を決め、花を摘むことになります。

 

「花弁カードを交換する」は、手札2枚まで選び、山札の一番下に戻すことで、新たにカードを引くことができます。


f:id:bdg-yusi:20170408074245j:image1枚戻し、1枚めくり手札に加えました。

 

「守護虫を移動する」は、自分の守護虫1個を未完成の花に置くことができます。花から花の移動もありです。
f:id:bdg-yusi:20170408131537j:image

花が完成したときの支配者を決める際の合計数の1つとなります。

 

〇手札の補充

上記のアクションを二回行ったら手札を4枚になるように山札からカードを引きます。

この時、場に出ている4枚のワイルドフラワーを選び引くこともできます。ただし、ワイルドフラワーは花の合計数には含まれません。


f:id:bdg-yusi:20170408132056j:image手札を補充してターン終了。

 ◇花の完成

花弁カードを場に出したとき、花が必要枚数に達するとその花の支配者を決めます。

完成した時点で花弁カードに描かれている守護虫の数と、その花に置かれている守護虫の合計数が多い人が支配者となります。


f:id:bdg-yusi:20170408132521j:image緑のプレイヤーが花弁と守護虫を置き手番を終え、

次の青のプレイヤーが花弁カードを置いて完成させました。


f:id:bdg-yusi:20170408132615j:imageこの時青は合計1。緑は合計3なので、支配者は緑プレイヤーとなります。

 

  1. その花の支配者となったプレイヤーは報酬を選び受け取れます。

・特殊パワートークンを1つ選び受け取る

・ゲーム終了時に加点となる勝利点5点を受け取る
f:id:bdg-yusi:20170408133032j:image

特殊パワートークンには三種類あり、守護虫を2点にするもの、手札が5枚持てるようになるもの、花弁を1度に好きなだけ置けるようになるもの、があります。

 

支配者が報酬を得たら、完成した花を摘みます。その花を得るのは最後に花弁カードを置いたプレイヤーで、1枚1点として数えます。


f:id:bdg-yusi:20170408133403j:image支配者となった緑は特殊パワートークンを報酬とし、青プレイヤーは花を摘んで3点を得ました。

 


f:id:bdg-yusi:20170408230925j:imageこれの場合は赤1青1で、緑が1+1+1+2(長老の守護虫)なので合計5点となり、支配者となります。

 


f:id:bdg-yusi:20170408231129j:imageゲームを進めるとどんどん花が咲き乱れます!

 

 

これを繰り返していき、誰か一人プレイヤーの山札がなくなったら、そこで全員一周プレイしてゲーム終了です。

 

〇得点計算

得点計算は自分が獲得した花弁カード1枚につき1点。そして得点トークン1枚5点とし、その合計数を出します。
f:id:bdg-yusi:20170408231618j:imageこの場合、花弁カードが31点、得点トークンが20点なので、合計得点は51点となります。

 

一番合計得点の多いプレイヤーが勝利となります!

 

最初にも言いましたがこのゲームは戦略性もそこそこで差もつきにくくとてもバランスのいいゲームかと思います。

個人的にはもう少し駆け引きがあってもいいかな?という気もしましたが、新年度の新しい環境でのコミュニケーションのツールとして使ってみるのはいいのではないでしょうか!!

 

以上、きゅうりが美味しいな。ハルミでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

コミュ障が1人でオーストラリア留学するとこうなる 英語編

オーストラリアに留学しててもうちょいで帰るので思ったことのメモシリーズです。

 

えいご

半年語学学校に通って、だいたい授業だけで平日一日4、5時間勉強してました。

卒業時のクラスはupper intermediate(中の上)でした。

けどしゃべれません。日常生活とか旅行くらいなら何とかなると思うけど。。

学校でスピーキングの授業めっちゃあるけど、学生同士はノンネイティブだし、先生もオーストラリア人だったりイギリス人だったりしたけどゆっくりはっきりしゃべってくれるしで、最初は全然わかんなかったにせよだんだん意思疎通できるようになっていった。

でもその辺にいるオーストラリア人まじで何言ってるかわからん。

サバゲしに行ったとき最初に説明うけてて、説明部分一切わからんかったけど最後の「なんか質問ある?」だけ聞き取れたくらい。けど想像力豊かになればわからんところの9割を補完できましょう。大丈夫です。

 

はつおん

個人的には、発音そこまで頑張らないでいい気がします

can'tとかbeachっていうときカントとかビッチとかと言わないよう、伸ばすべきところを伸ばすとか、そういうとこだけ気を付けてたら大丈夫だと思います。

うちの学校はあんまり発音なおしてくれませんでしたので、学生はみんな個性豊かに英語しゃべってたように思います。めちゃくちゃ喋れるのにyoungをヨーングっていうコロンビア人とか。

 

でも発音頑張ればリスニングも上達すると思います。

発音の代わりに、単語をいっぱい知ってたら、文脈読んでわかってくれます。

i want! go! super market! meat! chicken!みたいな。人類がほら穴に住んでた時代の会話でも通じます。

how are you?との付き合い

日本語でhow are youに相当することあんまり聞かなくないですか。

こっちで毎日聞いたり聞かれたりしたけど、私はいっつもgoodかsleepyって答えてました。なんでそんなこと聞くんだろうと思ってたけど相手も別に私の調子なんて興味ないんですよね。だれも。でも聞く。

 

会話中も、うんうんっていう相槌というよりも「~でどうなったの?」とか「そのときどうしたの?」みたいな積極的な姿勢が求められます。

英語の勉強にと買った本に、「日本語でも無口な人が、英語を勉強したからと言って饒舌になるわけありません。」と書いていて今年一番それな~~~と思いましたが、聞く方も気を抜いてられないことに気づいてからはもうちょっと喋れた方がいいよな~と少し意識がかわりました。

日本は「聞く文化」で楽できてたんだなぁ・・・。

 

べんきょう

英語できたら何の意味がある?ってよく中学生が先生に輩みたいな質問しますけど、得れる情報がめっちゃ多くなるのが大きいと思います。日本語だけでググるのと英語でもググるのではどっちが情報量多いかっていうのも明白だし。

私の場合も、油絵習ってた時に碌な技法書がなくて、洋書を買ったのが英語に興味を持つひとつのきっかけでした。

なんか英語じゃないとできない!みたいな趣味があれば上達早いんでしょうね~ アメコミとか海外ドラマとか。。

 

英語で仕事するレベルはまじで1年そこそこの留学じゃきついと思います。だって日本語のややこしい利用規約読むのもめんどくさくて飛ばすのに、英語の仕様書読んで理解して仕事できるとは思いません。私がもし留学経験を就活面接に活かすなら、「社長がもし海外通販で電化製品買ってきたら、それの説明書を英語で読みますよ」くらいのアピールしかできません。

 

今の心境としては、英語の勉強嫌じゃないけど、世界中の人が日本語勉強してくれんかな~~~と思ってます。